東洋医学からみた『冬』の過ごし方(養生法)

  • 070-2019-1189
  • 休診:日曜、祝日/ 午後休診:水曜、土曜日

東洋医学からみた『冬』の過ごし方(養生法)

こんばんは。

白河鍼灸うららかの近藤です。


今日は昼まですこし雪が降ってましたね。

もう雪が積もるんですかね?

いよいよ冬本番ですね。


そこで、今日は以前の『東洋医学からみた秋の過ごし方』に引き続き、

『東洋医学からみた冬の過ごし方』についてお伝えさせていただければと思います。


*前回のブログはこちら

https://www.harikyu-uraraka.com/blog/article/東洋医学からみた『秋』の過ごし方(養生法)



冬になると、どれだけ寝ても眠い…なんでだろう?

お正月の後には、必ず風邪を引いたり、体調を崩す…

手足が冷えて、何をしても治らない…


そんな方は是非、最後まで読んでみてください。


 本記事の概要 

①人間にも【冬眠】が必要な理由

②食べすぎると体調を崩す⁉︎

③冷え性の方にはこれをしてほしい!


それでは本題に入っていきたいと思います!

 人間にも【冬眠】が必要な理由 


以前にもお伝えしたように、

東洋医学では、その季節に合わせた生活習慣をすれば、

体調などを大きく崩すことはないと考えられています。


その1つの見本になるのが『動物の生活』です。

動物は、季節に合わせて生活スタイルを変えます。

これは、人間のように体調が悪くなると、自分で病院に行ったりが出来ないため、

体調を崩すことが【命】に関わってしまうからです。

そのため、動物は自分自身の【自己免疫力自然治癒力を高めておく必要があります。


ほとんどの動物は秋にたくさん食べて、冬に冬眠します。

この冬眠しているときに、食べたものをエネルギーとして、

自己免疫力自然治癒力】を高めて、疲労をとったり、身体を修復しています。


実はこれは人間も同じです。

本来、実りの秋に出来たものをたくさん食べて、冬はたくさん寝た方が、

自己免疫力自然治癒力】が高まり、元気な状態で春を迎えられます。

その証拠に『冬は寝ても、寝ても眠かったり』『朝、布団から出たくなかったり』

そんな経験はありませんか?

これは身体の自然な反応で、身体自身が【休んで、身体を修復したい!】というサインなんです。


人間は知恵があるために、規則正しく夏でも、冬でも同じ生活スタイルをとりがちです。

しかし本来、冬は他の季節に比べて、睡眠時間を多くとる方が体調を崩さず済みます。

皆さんも、ぜひ睡眠時間を多くとれるように、生活スタイルを見直してみてください!



 食べすぎると体調を崩す⁉︎ 


先程も書いたように『動物は秋にたくさん食べて、冬に冬眠します。』

つまり、冬は何も食べません。食べないことで内臓を休ませているのです。


では、人間も同じように…とは行きませんよね。

人間は冬眠もしませんし、食べないということも出来ません。


しかし本来であれば、冬は食事の量を減らした方が良いです。

これは動物同様に、人間も気温が低くなると、内臓の活動力が低下します。

活動力が低下しているのに、沢山食べてしまうと内臓に負担がかかって、

疲労してしまいます。

それが体調を崩す事に繋がります。


しかし、冬はクリスマス、忘年会、お正月、新年会とイベントが沢山あるため、

どうしても食べ過ぎてしまう方が多くいらっしゃいます。


そうすると、内臓や身体の疲労が溜まってしまい、お正月明けなどに

風邪をひいたり、体調を崩したりします。


そうならない為にも、冬の時期は

腹6分目】くらいを目安に、ぜひ食事の量を減らしてみてください。



 冷え性の方にはこれをしてほしい! 


冬場の【手足の冷え】で困っている方も多いと思いますが、

実は、冷えに逆効果のことをやってしまっている場合があります。

それは、長風呂(浴槽に15分以上浸かる)、半身浴、岩盤浴、サウナ… です。


これは、入っている時はすごく身体が温まります。

しかし、身体は温まり過ぎると汗が出ます。【この汗が冷える原因】になります。


身体は、体温が上がり過ぎた時に自然と発汗します。

この発汗した汗は、皮膚表面から蒸発する時に、体温を下げます。

こうして体温を一定の範囲でキープしようとする働きが人間の身体にはあります。


つまり、本来身体を温める目的でやっているのに、

汗をかき過ぎてしまうことで【体温が奪われ、逆に冷えてしまう】

という事になってしまいます。


では、どうすれば良いか?


それは【入浴前の足湯】【汗をかいたらすぐに着替える】この2つです!


足湯は皆さんご存知かと思いますが、冷え性対策の足湯は少し違います。

ポイントは【汗をかき過ぎるまでやらない】事です!


そもそも、なぜ足湯かというと…

①足首周りには『冷え』など身体に重要なツボがたくさんある。

②足の裏は毛細血管が豊富で、そういう場所を温めた方が、

身体の芯から温まり、終わった後も身体が冷えにくい。


以上の2つから、足湯は冷え性対策にとても良いです!



具体的な方法は下記の通りです。


服装:靴下を脱ぎ、膝まくりして、その他(上半身やズボンなど)の洋服を着た状態で行う

方法:ふくらはぎの半分くらいまでが浸かる位置で足湯

時間:10分〜15分

       (10分経たなくても、皮膚に少しキラキラと汗が出始まったら終わりのサイン)


また、この方法で入浴前に足湯を行うと、身体の芯から温まる為、

その後に浴槽に浸かる時間が短くて済みます。


もう1つの【汗をかいたらすぐに着替える】は、

夏場だとたくさん汗をかくので、着替える方もいらっしゃると思いますが、

厚着をしていたり、温かいものを摂る機会が多い冬場でも

たくさん汗をかく場合があります。


そういった場合は、汗をそのままにせず、必ず着替えて汗の処理を行ってください。



 まとめ 

①人間にも【冬眠】が必要な理由

 ・【自己免疫力自然治癒力を高めておく必要がある

 ・睡眠時間を多くとる方が体調を崩さず済む

②食べすぎると体調を崩す⁉︎

 ・気温が低くなると、内臓の活動力が低下する

 ・食べ過ぎると内臓や身体に負担がかかって、疲労がたまるため

③冷え性の方にはこれをしてほしい!

 ・入浴前の足湯

 ・汗をかいたらすぐに着替える

 

以上、参考になれば幸いです!



白河鍼灸うららか

https://www.harikyu-uraraka.com/index.html

(近藤)

TOP