痛くない鍼、熱くないお灸とは?

  • 070-2019-1189
  • 休診:日曜、祝日/ 午後休診:水曜、土曜日

痛くない鍼、熱くないお灸とは?

こんばんは。白河鍼灸うららかの近藤です。


きょうはホームページにも記載してある

痛くない鍼』『熱くないお灸について

治療はどういった事をするのかを書いていきたいと思います。



雑誌やテレビで【鍼灸】の文字は見たことあるけど、

 実際には鍼灸ってどんな事やるんだろう

鍼って痛いんじゃないの?そんな事をよく聞くけれど…

お灸って熱いイメージがあるけど、興味はある!



そんな方は、是非最後まで読んでみてください。



 本記事の概要 

①鍼灸ってなにをしているの?

②鍼はどんな感じなの?

③お灸はどんなことするの?


それでは本題に入っていきたいと思います。



 鍼灸ってなにをしているの? 


鍼灸は治療する先生によって、その方法が異なります。


1本だけの鍼を抜き刺ししながら、全身を治療する先生も居れば、

複数の鍼を痛い部分に刺して、パルスと呼ばれる電気を流して治療する先生もいます。


以前も少しブログで書かせて頂きましたが、私が行う鍼灸は複数の鍼を全身に刺し、

【ツボの効果】を使って、患者様の【自然治癒力を高めていく治療】を行います。


以前の記事はこちら

https://www.harikyu-uraraka.com/blog/article/東洋医学ってなに?


私が行う治療では、患者様のお話をよく聞かせて頂き、

お腹の状態、脈の状態を診させて頂きます。

そうする事で、症状に関係する情報だけでなく、

その患者様の身体が今どういう状況かという情報が出ているからです。


情報が分かれば、今度は全身の約360個あるツボの中から、

その患者様の状況に合うツボを選んでいきます。

たとえ同じ腰痛や肩こりなどの症状であっても、

他の患者様と全て同じツボという事はほとんどありません。

これは、一人ひとりの身体のつくりが違うように、状況も患者様一人ひとり違うからです。


食べている物や、睡眠時間、働く環境や動作、持病や服用する薬など、

様々な条件が違います。

これらが影響している為、同じ症状名でも使うツボが違うのです。


そのツボを鍼やお灸で刺激し、人間に本来備わっている

【自然治癒力を高めます】


自然治癒力がたかい人は、疲労しても、しっかり睡眠がとれれば疲労が抜けて、

食べたものもエネルギーに変わりやすい為、またしっかり動ける身体になっていきます。


しかし、蓄積する過度の疲労や、不規則な生活習慣、偏った食生活などで

自然治癒力が低くなってしまうと、

いくら寝ても疲労がとれない、お腹も減らないけど一応食べておく、

仕事中に集中力が欠けるなど様々な自覚症状が出てきます。


この悪いサイクルを、鍼やお灸を使い、自然治癒力を高めるお手伝いをする事で、

良いサイクルに切り替えてあげます。

そうすると、自然治癒力の力で、もともとの自分の身体に戻っていきます。



 鍼はどんな感じなの? 


先程もお伝えした【ツボの効果で自然治癒力を高める】治療する為に、

鍼とお灸を使って治療します。


当院で使う鍼は0.12〜0.16mmと非常に細い鍼をつかいます。

私自身、痛いのがとても苦手な為、患者様の身体に使う鍼も

出来る限り『痛みを感じにくい』鍼を使用します。


この0.12〜0.16mmという太さは、いろいろある鍼の種類の中でも

かなり細い鍼になります。

数字だけいわれても、なかなかイメージが湧かないと思うので、


一般的な注射はり 0.4〜1.6mm程 (当院で使用する鍼はこの約1/4〜1/10程)

一般的な髪の毛  0.05mm程 (当院で使用する鍼は髪の毛2本分の太さ)


という位、細い鍼を使います。

この鍼を患者様には4mm程しか刺しません。


もともとツボというのは、皮膚表面から浅いところにあります。

4mm以上刺してしまうと、ツボではなく違う部分を刺す目的になってしまう為、

当院では刺しても4mm程しか刺しません。

それしか刺さなくても、十分症状や体質の改善はできます。



 お灸はどんなことするの? 


お灸もさまざまな方法があります。


よく昔は悪いことをすると『お灸を据えるぞ!』と怒られましたが、

今はあのようなお灸はほとんど行いません。


もちろん、そのような一瞬熱くなるお灸が必要な

症状の強い患者様もいらっしゃいますが、

ほとんどの患者様は必要ありません。


私が1番よく使うお灸は、痕がつかず、患者様が温かく感じると取ってしまうお灸です。

お灸は熱くしなくても、効果があります。
先程も説明した、ツボの効果を使うからです。

実際このお灸は、気持ち良くて『もっとやってほしい』という要望も多いです。

一度受けると、お灸のイメージが変わると思います。



 まとめ 

①鍼灸ってなにをしているの?

鍼とお灸を使い、ツボを刺激することで【自然治癒力を高めている】

②鍼はどんな感じなの?

髪の毛2本ほどの、すごく細い鍼を使い、4mmだけ刺してツボを刺激している

③お灸はどんなことするの?

ツボを温かいくらいの熱で刺激している。痕がつくようなお灸は今はやらない!


以上、参考に幸いです!




白河 鍼灸うららか

https://www.harikyu-uraraka.com/index.html

(近藤)

TOP