鍼灸の症例報告【ギックリ腰】

  • 070-2019-1189
  • 休診:日曜、祝日/ 午後休診:水曜、土曜日

鍼灸の症例報告【ギックリ腰】

こんばんは。

白河 鍼灸うららかの近藤です。


寒くなってきましたね。

みなさん、体調はいかがですか?


これからますます寒くなっていくので、この症状でお困りの方が増えてくると思います。

そこで今日は症例を報告させていただきます。


・ぎっくり腰になって動けない…

・1度ぎっくり腰をしてから、何となく腰の調子が悪い

・ぎっくり腰を何回も繰り返している


そんな経験がある方は、是非最後まで読んでみて下さい!



 症例報告【ギックリ腰】 


・60代 男性

<初診時>

・一昨日から『おかしいな』という違和感があった。

・昨日、朝起きるときに痛みがでた。歩くのも痛い。

・椅子から立つ時も、仰向けに寝ているのも痛い。

・痺れはない。

・病院には行った。

・『MRI、レントゲンには異常ない』って言われて、『ぎっくり腰』って言われた。


*問診、検査、動作確認をして、原因をお伝えさせて頂く

*鍼、お灸にて全身を治療、日常生活の注意点をお伝えする



<治療2回目>前回の治療から2日後

・朝起きる時がまだ痛い。

・痛みは前回より和らいだ。前回が10だとすると今は5くらい。

・仰向けに寝ているのは痛くはないけど、重い感じがする。

・歩くのは大丈夫。椅子から立つ時も大丈夫。


*鍼、お灸にて全身を治療、

さらに日常生活の気をつけて頂く事をお伝えする



<治療3回目>前回の治療から11日後

・今は朝起きる時に少しだけ痛い。動き出しちゃえば大丈夫。

・前回が5だとすると今は3くらい。

・仰向けに寝ると少し重いような感じがする。


*鍼、お灸にて全身を治療させて頂く

*治療後、腰の痛みや重さがなくなり『なんで⁉︎』と驚かれる



 まとめ 


この患者様は、症状が出てから来院までが早かった為、

症状も比較的早く改善していきました。このように、

症状が出てから治療開始までの期間が、その後の回復スピードに大きく関わります

当院では、少しでも症状があれば、早めの来院をお願いしております。

もちろん【1番大切なのは対処よりも予防です!】


この患者様には、現在もぎっくり腰の再発予防、病気の予防として

メンテナンスで来院して頂いております。

また、自宅でできるセルフケアもお伝えさせていただき、

ご自身でケアをして頂けているので、あれ以降、ギックリ腰の症状は出ておりません


もしギックリ腰でお困りの方がいらっしゃいましたら、

お気軽に白河 鍼灸うららかまでご相談ください。



白河 鍼灸うららか

https://www.harikyu-uraraka.com

(近藤)

TOP